<< 水俣病一時金、被害者団体と20... 大阪府、大阪市、堺市の3教委が... >>

<官房機密費>麻生政権時の使途公開を 大阪の市民団体提訴(毎日新聞)

 麻生政権が政権交代直前に引き出した2億5000万円の内閣官房報償費(官房機密費)について、使途を不開示にしたのは不当として、大阪の市民団体「政治資金オンブズマン」のメンバーが6日、国に不開示処分の取り消しを求める訴訟を大阪地裁に起こした。

 訴状によるとオンブズマンは昨年10月、衆院選直後の9月1日に河村建夫官房長官(当時)が引き出した官房機密費について情報公開請求したが「使途を明らかにすれば事務の円滑な遂行に支障を及ぼす」などとして不開示とされた。

 原告側は「既に政権交代が決まっており、『食い逃げ』と言える。開示しないのを悪用したでたらめは許されない」と主張している。【日野行介】

【関連ニュース】
日米密約:「存在」法廷で初証言 外務省元局長
官房機密費:麻生政権、衆院選後に2.5億円 長官公表
松田喬和の首相番日誌:問われる「プロセス政治」
特集ワイド:愚問ですが 鳩山政権3カ月 平野博文官房長官に聞く
全国学力テスト:開示、生駒市教委に答申 平均正答数・率など−−審査会 /奈良

My First JUGEM!
テンヤマダイを極めよう
クレジットカード現金化 還元率
ショッピング枠現金化
現金化
[PR]
by yqwlhs9kzp | 2010-01-13 14:47
<< 水俣病一時金、被害者団体と20... 大阪府、大阪市、堺市の3教委が... >>