<< 日本政府の医療チーム、ハイチの... 丈夫な赤ちゃん待ってます、恒例... >>

「西松事件で証拠隠し」=石川議員元秘書、自民会合で証言(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の事務担当を務めていた石川知裕衆院議員(36)の私設秘書だった男性が14日、自民党本部で開かれた会合に出席し、「昨年3月の西松建設事件の際に、石川議員の指示で証拠を隠した」と証言した。
 証言によると、小沢氏の公設第1秘書大久保隆規被告(48)が逮捕された翌日の昨年3月4日、石川議員の依頼を受け、同氏の議員会館事務所から大手ゼネコン鹿島関係者の名刺や、胆沢ダム(岩手県奥州市)の完成予想図などを運び出したという。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

宮崎・内閣法制局長官辞任、後任に梶田次長(読売新聞)
パトカーが民家の塀に衝突=警部補「考え事していた」−警視庁(時事通信)
阪急事故で男性はねられ死亡(産経新聞)
直木賞・白石さん「大嫌いな賞」の呪縛から解放(読売新聞)
殺人事件が戦後最少=刑法犯7年連続減−警察庁(時事通信)
[PR]
by yqwlhs9kzp | 2010-01-18 10:28
<< 日本政府の医療チーム、ハイチの... 丈夫な赤ちゃん待ってます、恒例... >>