<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

鳩山首相「一生の戒め」 元秘書有罪判決(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日、自身の資金管理団体をめぐる偽装献金事件で、元公設秘書に有罪判決が出たことについて、「改めて政治家としての責任の痛感している。一生の戒めとしたい」と述べた。ただ、裁判資料の国会提出には、「政治資金収支報告書を修正するわけだから、それを公表する。国会提出は必要ない」と否定した。

 一方、自民党の谷垣禎一総裁は「巨額のカネを何に使ったのか。説明責任がある」と述べ、使途に関する説明が不十分だとの考えを強調。裁判資料提出に消極的な首相の姿勢に対しては、「都合が悪くなると前の約束を平気でほごにする」と批判し、自民党として、裁判資料の国会提出を求めていく方針を明らかにした。

 公明党の山口那津男代表も、「首相の言葉に信頼が置けないと、以後の国会審議に応じることはできないほど重要な問題だ。その責任も首相として自覚していない」と批判した。

 首相の姿勢には与党内からも疑問が出ており、社民党の重野安正幹事長は「国民の目線から見れば、『なぜ?』との思いを持つだろう」と指摘した。

【関連記事】
首相「政治資金、資料提出は必要ない」 党首討論
社民・重野氏「(責任追及は)避けられない」 首相元秘書有罪
共産・志位氏「首相は国会に関係資料を提出せよ」 首相元秘書有罪
公明・山口氏「首相は説明責任、政治責任を取るべき」 首相元秘書有罪
鳩山首相元秘書に猶予付き有罪判決

がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
<自民党>「国民安心税」公約 消費税率上げ医療などに(毎日新聞)
新規事業でサービス向上=斎藤日本郵政社長(時事通信)
「時効廃止法案」が参院法務委で可決(産経新聞)
強毒性の新型インフルに備え 厚生労働省が業務継続計画(産経新聞)
[PR]
by yqwlhs9kzp | 2010-04-24 03:55

火山噴火 成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)

 アイスランドの火山噴火の影響で、成田国際空港では17日も欧州便の欠航が拡大、国内外の航空各社によると午前10時現在、計35便が欠航となった。出国ロビーは、払い戻しや便変更の手続きで混雑し、大荷物を抱えた乗客が座り込んだり寝転がったり、疲れた表情を見せていた。

 ベルギーのブリュッセルへクラシックバレエの短期留学をする予定だった東京都狛江市の中学1年、黒田綺羅々(きらら)さん(12)は「ベルギーで踊るのを楽しみにしていたのに」とうつむいた。付き添いのバレエ講師、沼岡純子さん(44)も「ベルギーなら大丈夫だと思ったが被害が拡大しているみたい。子どもたちがかわいそう」と話した。【斎川瞳】

高校2階、手すりと共に落ち生徒2人重軽傷(読売新聞)
<長妻厚生労働相>子ども手当の「バラマキ」批判にピリピリ(毎日新聞)
重文 新たに8件 京町家「杉本家住宅」など(産経新聞)
あす赤塚植物園で緑のイベント(産経新聞)
1歳児死亡虐待か 大阪・堺 母親通報、頭に内出血(産経新聞)
[PR]
by yqwlhs9kzp | 2010-04-21 13:08

<JR中央線>武蔵小金井駅で人身事故、上りで運転見合わせ(毎日新聞)

 JR東日本八王子支社によると、12日午後10時45分ごろ、東京都小金井市のJR中央線武蔵小金井駅構内で人身事故があり、同線は東京−高尾駅間の上りで運転を見合わせている。

【関連ニュース】
JR内房線:線路わきの砂利が陥没 千葉
警察庁:電車内での痴漢取り締まり強化
JR:「雇用は困難」不採用国労組合員
信濃川不正取水:JR東、水利権再申請
強風:交通機関乱れる、90万人の足に影響 関東地方

<たちあがれ日本>10日結成 党名不評「長過ぎる」(毎日新聞)
銀座に巨大カーネーション登場 母の日まで展示(産経新聞)
<環境省>雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明(毎日新聞)
首相動静(4月11日)(時事通信)
消費税論議「時期尚早」=平野官房長官(時事通信)
[PR]
by yqwlhs9kzp | 2010-04-17 10:19

名張毒ぶどう酒事件、再審判断差し戻し…最高裁(読売新聞)

 三重県名張市で1961年、農薬入りのぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡、12人が中毒になった「名張毒ぶどう酒事件」で、奥西勝死刑囚(84)(名古屋拘置所在監)が無罪を求めて裁判のやり直しを求めた第7次再審請求の特別抗告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は、名古屋高裁の再審開始決定を取り消した同高裁の別の裁判部の決定について、「科学的知見に基づく検討をしたとは言えず、推論に誤りがある疑いがある」と述べて取り消し、審理を同高裁に差し戻す決定をした。

 決定は5日付。高裁で、犯行に使われた農薬に関する鑑定の評価が分かれた今回の再審請求は、申し立てから約8年を経て、3たび高裁で争われる展開となった。

新核軍縮条約調印 首相「大いに歓迎」(産経新聞)
新党応援、憂国の石原知事「血が煮えたぎっている」(産経新聞)
観光地「朗報」利用者「戸惑い」 高速上限料金制(産経新聞)
「平和的に体制変換を」=黄元書記、拉致家族ら前に講演−東京(時事通信)
<将棋>急戦調の横歩取りに 1日目終わる 名人戦第1局(毎日新聞)
[PR]
by yqwlhs9kzp | 2010-04-12 15:34

遮断棒折れ東海道線に遅れ(産経新聞)

 5日午前8時5分ごろ、兵庫県尼崎市三反田町のJR東海道線尼崎−立花間の三反田踏切で、遮断棒2本が折れているのを通行人が発見、JR西日本に通報した。同社では、係員が現場に到着するまで付近の徐行運転を実施。東海道線の上下計6本が部分運休、計25本が最高14分遅れ、約2万8600人に影響した。

<自民党>改革色強く打ち出す 国家公務員法等改正案の対案(毎日新聞)
鳩山首相と小沢氏が会談=政権運営で意見交換(時事通信)
埼京線全編成に防犯カメラ=痴漢防止に効果、1車両に4台−JR東(時事通信)
雑記帳 「国内初のクレーター」公式認定めざし論文(毎日新聞)
<親権>子供の視点での見直し議論確認 厚労省専門委初会合(毎日新聞)
[PR]
by yqwlhs9kzp | 2010-04-07 04:26

振り込め詐欺防止活動中に窃盗=ATMから5万円−兵庫県警(時事通信)

 振り込め詐欺事件の被害防止のため、広報啓発支援員として勤務中、女性が現金自動預払機(ATM)に忘れた5万円を盗んだとして、兵庫県警赤穂署は30日、窃盗容疑で同県姫路市土山、警備員佐々木茂範容疑者(54)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。
 佐々木容疑者は昨年10月から、県警が警備会社に委託する「振り込め詐欺防止広報啓発支援員」として働いていた。ATMやコンビニなどで振り込め詐欺の被害に遭わないよう注意を呼び掛けたり、チラシを配布したりしていた。 

【関連ニュース】
「キング」に懲役20年=振り込め詐欺リーダー
振り込め被害、2割増加=「おれおれ」7割に上昇
危ない投資話に注意!=「必ずもうかる」、被害増加-HPで呼び掛け・警視庁
振り込めグループにも携帯貸す=本人確認せず、経営者ら再逮捕
撲滅月間の振り込め110件=警察名乗るカード詐取増加

<気温>4〜6月は平年並み 東海3カ月予報(毎日新聞)
北海道で震度3(時事通信)
<ダム工事>「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言(毎日新聞)
自立支援法訴訟、和解成立=全国に先駆け12人−さいたま地裁(時事通信)
東九州道工事、橋にひび割れ=取り壊し再建造へ−宮崎(時事通信)
[PR]
by yqwlhs9kzp | 2010-04-02 12:45