遮断棒折れ東海道線に遅れ(産経新聞)

 5日午前8時5分ごろ、兵庫県尼崎市三反田町のJR東海道線尼崎−立花間の三反田踏切で、遮断棒2本が折れているのを通行人が発見、JR西日本に通報した。同社では、係員が現場に到着するまで付近の徐行運転を実施。東海道線の上下計6本が部分運休、計25本が最高14分遅れ、約2万8600人に影響した。

<自民党>改革色強く打ち出す 国家公務員法等改正案の対案(毎日新聞)
鳩山首相と小沢氏が会談=政権運営で意見交換(時事通信)
埼京線全編成に防犯カメラ=痴漢防止に効果、1車両に4台−JR東(時事通信)
雑記帳 「国内初のクレーター」公式認定めざし論文(毎日新聞)
<親権>子供の視点での見直し議論確認 厚労省専門委初会合(毎日新聞)
[PR]
# by yqwlhs9kzp | 2010-04-07 04:26

振り込め詐欺防止活動中に窃盗=ATMから5万円−兵庫県警(時事通信)

 振り込め詐欺事件の被害防止のため、広報啓発支援員として勤務中、女性が現金自動預払機(ATM)に忘れた5万円を盗んだとして、兵庫県警赤穂署は30日、窃盗容疑で同県姫路市土山、警備員佐々木茂範容疑者(54)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。
 佐々木容疑者は昨年10月から、県警が警備会社に委託する「振り込め詐欺防止広報啓発支援員」として働いていた。ATMやコンビニなどで振り込め詐欺の被害に遭わないよう注意を呼び掛けたり、チラシを配布したりしていた。 

【関連ニュース】
「キング」に懲役20年=振り込め詐欺リーダー
振り込め被害、2割増加=「おれおれ」7割に上昇
危ない投資話に注意!=「必ずもうかる」、被害増加-HPで呼び掛け・警視庁
振り込めグループにも携帯貸す=本人確認せず、経営者ら再逮捕
撲滅月間の振り込め110件=警察名乗るカード詐取増加

<気温>4〜6月は平年並み 東海3カ月予報(毎日新聞)
北海道で震度3(時事通信)
<ダム工事>「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言(毎日新聞)
自立支援法訴訟、和解成立=全国に先駆け12人−さいたま地裁(時事通信)
東九州道工事、橋にひび割れ=取り壊し再建造へ−宮崎(時事通信)
[PR]
# by yqwlhs9kzp | 2010-04-02 12:45

26万人に影響、60本が運休 122本に遅れ 架線トラブル(産経新聞)

 JR東日本東京支社によると、目白駅付近で23日夜に発生した架線トラブルにより計約26万人に影響が出た。山手線、埼京線、湘南新宿ラインの計60本が運休し、計122本で10分〜約3時間半の遅れがでた。

【関連記事】
山手線内回りも運転再開 体調不良で女性2人が搬送
埼京線と湘南新宿ラインで架線トラブル 乗客2千人が車内に閉じ込め
山手線などの架線トラブルはパラボラアンテナ落下が原因
浜松町駅で女性飛び込み 山手線全線で一時運転見合わせ
高円寺駅で飛び込み JR中央線 東京−高尾の快速運転見合わせ
20年後、日本はありますか?

<判決文偽造>元書記官に懲役11年 さいたま地裁判決(毎日新聞)
知事あてに薬きょう郵送=朝鮮学校の扱いで批判文書も−兵庫(時事通信)
山手線外回り、運転再開=JR東(時事通信)
東武ワールドスクウェア ミニでものっぽ「スカイツリー」(毎日新聞)
再審無罪で支援者集会=冤罪被害者も参加−菅家さん(時事通信)
[PR]
# by yqwlhs9kzp | 2010-03-31 02:52

郵政、民業圧迫に配慮を=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は25日午前の記者会見で、亀井静香金融・郵政改革担当相が発表した郵政改革の骨格について「民業圧迫ということなく、公正な競争を前提に亀井担当相が検討していると思う」と述べ、民業圧迫などの批判に配慮するよう求めた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い(産経新聞)
野焼き3人死亡 安全性は感覚で判断 4団体代表が会見(毎日新聞)
化粧品「NYX」で措置命令=原産国を誤表示−消費者庁(時事通信)
<雲仙火砕流>焼けたカメラ、記念館で公開(毎日新聞)
イルカ漁は法令に基づく伝統的漁業 「ザ・コーブ」踏まえ政府が答弁書決定(産経新聞)
[PR]
# by yqwlhs9kzp | 2010-03-27 22:54

<村田元外務次官死去>日米密約調査を後押し(毎日新聞)

 日米密約の存在を証言した村田良平元外務事務次官が18日、死去した。国会の場で初めて事務次官経験者らが密約について語った衆院外務委員会の前日だった。村田氏も参考人招致を打診されたが、肺がんを患っていたため応じられなかった。

 村田氏は事務次官、駐米大使などを歴任。08年に出版した「村田良平回想録」(ミネルヴァ書房刊)で日米安保条約改定時の核持ち込み密約があったと明らかにした。昨年6月には毎日新聞の取材に対し、前任次官から密約の引き継ぎを受けたことも証言。政権交代後の外務省の密約調査を後押しする形になった。【大貫智子】

【関連ニュース】
訃報:村田良平さん80歳=元外務次官、核密約問題で証言
日米密約:西山さん「裁かれてしかるべき者裁かれず…」
日米密約:衆院委で参考人質疑「文書破棄の可能性」
日米密約:横須賀市議会が非核三原則順守の意見書案可決
岡田外相:「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求

<公務執行妨害罪>不当取り調べで成立せず 神戸地裁(毎日新聞)
墓はどこへ(上) 「改葬」と廃れる墓地(産経新聞)
和歌山・白浜町長選、同じ顔ぶれが出馬 出直し選10日後にまた告示(産経新聞)
<DNA誤登録>採取時、記名せず…神奈川県警(毎日新聞)
「政策が基本」舛添氏、鳩山新党と一線画す(読売新聞)
[PR]
# by yqwlhs9kzp | 2010-03-26 15:38